【青森中2女子自殺】入賞取り消しの写真 遺族が公開 「いじめなくすきっかけに」 [10/18]

 いじめを訴える文書をスマートフォンに残し、電車にはねられて8月に死亡した青森市の中学2年の女子生徒(当時13歳)の遺族が18日、女子生徒の氏名と写真を公開した。遺族は「娘の笑顔を世間に知ってもらい、いじめをなくしたい」と話している。

 亡くなった生徒は葛西りまさん。写真は、りまさんが亡くなる10日前の8月15日、青森県黒石市で開かれた祭りで撮影された。父親の剛(ごう)さん(38)は撮影者からデータの提供を受け、公開の許可も得たとして「いつも笑顔だった娘が、いじめによって残酷な結果になってしまう恐ろしさを、少しでも知ってほしい」と公表の理由を話している。

 写真を巡っては、今月11日、祭りの写真コンテストの事務局となった黒石観光協会が、いったん最高賞の黒石市長賞に選んだ。その後、写っていたのがりまさんだと知り、遺族の了解を取ったうえで、市長賞の授賞を決めた。だが、13日に「亡くなった人を審査対象にするべきではない」などの指摘を受けて再協議し、一転して授賞を取りやめた。

 黒石観光協会は「祭りを盛り上げる狙いを考えると違和感があった」と説明している。高樋憲・黒石市長らが19日に経緯を説明する予定だ。

     ◇

 朝日新聞はこれまで、女子生徒を匿名で報じてきましたが、遺族が生徒の名前と写真を公表したことから、実名での報道に切り替えます。

引用元:Yahooニュース

 

黒石よされ写真コンテスト賞の内定取り消し 遺族が中2女子写真と氏名を公開! NHKインタビューで真意を語る。黒石市長賞 取り消し 写真.

見頃は10月後半か?

 
 
 
:2016/10/18(火) 22:33:02.74 ID:

★入賞取り消しの写真 遺族が公開 「いじめなくすきっかけに」
10月18日 17時12分

青森県黒石市の夏祭りをテーマにした写真コンテストで入賞が決まった作品に写っていた
女性がいじめを苦に自殺したと見られる女子中学生だったとして、主催者側が賞を
取り消した問題で18日、遺族が「いじめをなくすきっかけにしてほしい」とこの写真を公開しました。

ことし8月に青森県黒石市で行われた夏祭りの実行委員会が企画した写真コンテストで、
舞台で踊る女性を写した作品が最高の「黒石市長賞」に決まりましたが、その後、
いじめを苦に自殺したとみられている青森市の中学2年の女子生徒と分かり、
主催者側が「コンテストの趣旨にそぐわない」などの理由で賞を取り消しました。

女子生徒は、青森市の葛西りまさん(13)で18日、遺族が写真を公開しました。
父親の剛さん(38)によりますと、写真が撮影されたのは亡くなる10日前で、
赤い傘を持ち着物姿で満面の笑顔の葛西さんが写っていて、撮影者の了解を
取ったうえで公開したということです。

剛さんはNHKの取材に対し「娘の四十九日に賞をとったという連絡があり、
元気な姿が写っていて喜んでいました。賞が取り消され残念ですが、
一生懸命頑張って生きている娘の姿を見て、いじめをなくすきっかけにしてほしい」
と話しています。

一方、主催者で黒石市の高樋憲市長は「事実関係や見解を整理したうえで、
あす記者会見を開いて説明をする」と述べました。

■主催者の対応を疑問する声
この問題をめぐっては遺族が写真を公開し、ネット上では「運営関係者の事なかれ
主義の思想に失望する」、「遺族も受賞を快諾していたらしいから、予定どおり賞を
あげてほしかった」、「生きた証だからこそ受賞でもよいのでは」など主催者側の対応を
疑問視する書き込みが相次ぎました。

さらに遺族が写真を公開したことについて、「勇気も必要だったと思いますが、
自分の子どもがこんなすてきな笑顔で写っているのだから、見てほしい気持ちはよくわかります」
とか「ご遺族の気持ちを考えると切ない。自分の娘が生きた証を1人でも多くの方に見てもらいた
いと思うよね」など遺族の心情に共感する書き込みも相次ぎました。

また、「なぜこの笑顔を守れなかったのか」とか、「いじめをなくすために、何ができるかをみんなが
考える機会にしたらいいのでは」などと呼びかける書き込みもあり今回の問題はネット上でも
大きな関心を集めています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161018/k10010733971000.html

:2016/10/18(火) 22:54:15.25 ID:

一度賞を与えたものを取り消すのはなー・・・
:2016/10/19(水) 05:54:48.22 ID:

市の本音「自殺なんかして波風立てた奴が写ってる写真はふさわしくない」
:2016/10/19(水) 06:46:30.09 ID:

市長「死人が写ってるなんていやだぁ」

寒い地方の人間は考えも偏ってるからな。

:2016/10/19(水) 08:21:44.03 ID:

これは新たな遺族いじめの象徴だ!!
娘を殺された様な形でなくし、娘が一生懸命浮かべた写真を取り消すなど
主催者は良心や人の情緒すらない地獄の番人の閻魔大王なのだろうか?

コンテスト写真など1年程度で忘れられる流れものだ、だから無くなつたとても
その募集う要項に合致しない部分があったとしても社会的に見て良い写真なら
取り下げるべきではない、悲しい出来事も受け止める主催者の度量が必要だ
このコンテストは二度と開かれるべきではない、主催者に度量すら無い
あってはならないものだ。

:2016/10/19(水) 11:22:53.96 ID:

>>5
無知なお前に教えてやるが
閻魔大王は地獄の最高判事であり
良心と人の情緒の塊だから
この比喩はふさわしくないぞ。
:2016/10/19(水) 12:52:55.89 ID:

>>6
地獄の門番の頭が閻魔大王だそれを良心と人情塊と言うんのはおかしいだろう。
主催者の行状が閻魔大王が良心と人情塊ならそのために対応したとでも言うのか?
一度決めたものをかえる、それも理由を後付するなら配慮も必要だろう。
何の配慮しない躊躇しない処が閻魔大王そっくりだということだ。

地獄審判は上階の阿弥陀が行う、人情はそこにあるもので閻魔大王は人情には何の
関わりすら持たない地獄の入り口に番人だ。唯一閻魔大王が持つのは悪事への嗅覚だ
そこで悪人でもこれはと思うものを門から入れないが役目だ。
だからこの比喩は間違いではない。

良く勉強しなさい、通説の上には誰が審判を下すか異なるものだ
仏教の場合の審判をかいたが他では異なる解釈があるだろう。
阿弥陀の浄土の手からこぼれた悪事のあるものを救うのが閻魔大王役目だ
そこで閻魔大王が救ったものは浄土へ行けず、地獄にも落ちれず、現世で苦悩
するとある。

:2016/10/19(水) 13:29:14.29 ID:

自殺者のことは報道しないという国連あたりからの要請があったな
遺族が積極的にさらす場合はどう対応すればいいのやら
:2016/10/19(水) 14:18:08.07 ID:

いい写真だね
素敵な笑顔
こんなかわいい子が死んでしまうなんてかわいそう

イジメ加害者は死ね

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ